脂肪肝を治す運動

脂肪肝を治す運動

脂肪肝には特効薬と言ったものも無く、治療する方法は限られています。脂肪肝を根本的に治す方法とは運動で脂肪を燃やすことしかなく、肝臓にこびりついた脂肪を全て運動で燃やせればもとの健康な肝臓が戻ってくるのです。

 

脂肪というのはエネルギーの貯金のようなものですので、体はこれを優先的に使おうとはしないため、脂肪を燃やすのは非常に骨の折れる作業となりますが、幸い肝臓に付いた脂肪など内臓脂肪は、脂肪の中では優先して使われる部類ではあります。

 

脂肪肝治療のために運動する場合は、運動中のエネルギーに脂肪が使われるような運動を行わなければなりません。

 

瞬発力が求められ筋肉に大きな負担がかかるが時間的には短時間、という要するに無酸素運動の場合、エネルギーにはほとんど糖質しか使われません。

 

継続的なエネルギーの捻出のために筋肉が崩されタンパク質をエネルギー源とすることもありますが、基本的に脂肪燃焼のための運動ではありません。

 

ただし、長時間有酸素運動を持続させるための筋肉をつけるためにまずは無酸素運動から入る、というのは計画としては間違いではないと言えます。

 

脂肪の燃焼効率が高いのは強度は低いが長時間継続する運動である有酸素運動です。20分程度続けると脂肪がエネルギーとして使われる割合が上昇し、非常に効率よく脂肪を燃やすことができるようになります。

 

運動強度を上げれば時間あたりのカロリー消費量は増えますが、その結果継続できる時間が落ちるのでは脂肪を燃やす目的では逆効果です。とにかく長時間継続できる強度の運動を行いましょう。