脂肪肝を調べる方法

脂肪肝を調べる方法

脂肪肝は肝臓に脂肪がこびりついた恐ろしい状態で、肝硬変や肝臓がんへと移行する可能性が高いため早期に発見することが望ましいのですが、自覚症状が全くと言っていいほど無いため、発見は検査頼りとなります。

 

脂肪肝は定期検査や健康診断で発見可能とはされていますが、あまり低くない確率で検査をすり抜ける脂肪肝患者がいるので注意が必要です。

 

健康診断での血液検査で脂肪肝発見のために注目されるのがGOTとGPTです。これらは本来肝細胞の中に存在する酵素であり、平常時に血中から大量に検出されることはありません。

 

GOT・GPTがともに高いということは肝細胞が大量に破壊されているということを示す動かぬ証拠というわけです。脂肪肝もこびりついた脂肪によって肝臓がダメージを受けている状態ですから、GOT・GPT共に若干上昇しますが、肝臓全体が害されているというほどでも無いので上昇幅もそれなりです。

 

一方で肝炎や肝硬変、肝臓がんとなると極端にこれらの数字が跳ね上がることとなります。

 

血液検査によるGOT・GPTをチェックすることが一応の指標とはなりますが、上昇幅が他の肝臓障害のように極端ではないので見逃される可能性もあります。

 

GOT・GPT共にギリギリ正常値内を示す脂肪肝患者も実際に稀ではなく存在しますので、食生活や生活習慣的にどうしても脂肪肝が疑われる、との自覚がある方はCTによる検査などを申し出てみましょう。