脂肪肝 症状

脂肪肝におすすめサプリ

当サイトは脂肪肝の原因となる中性脂肪を減らすDHA・EPAや肝臓の機能向上におすすめのタウリン、オルニチンなどの栄養成分をたっぷり含んだサプリメントを紹介しています。これから脂肪肝対策を始めたい方の参考になればと思います。

 

きなり 当サイト限定価格

さくらの森が販売するきなり。サラサラ成分のDHA・EPA、ナットウキナーゼに加え、体内への吸収力を高めるクリルオイルや成分の劣化を防ぐアスタキサンチンも配合した高品質サプリメント。

 

DHA・EPA、ナットウキナーゼなどは脂肪肝の原因となる中性脂肪を減らし、肝臓に脂肪が溜まるのを防ぎます。また、ドロドロ血液からサラサラ血液と導くため、動脈硬化や高血圧などの予防・対策にもおすすめです。

 

 

しじみ習慣 10日間無料サンプル

台湾の水の都「花蓮」で育った栄養がギッシリ詰まったしじみを使用。専門機関により691項目の検査をクリアしたしじみのみを使い、万全の体制が整った国内の工場で加工しています。

 

しじみには、肝臓と脂肪に良いオルニチン・タウリンなどをはじめとした必須アミノ酸が豊富に含まれており、肝機能向上におすすめのサプリメントといえます。

 

 

レバリズム-L

国産の厳選素材しじみ・牡蠣・スクワレンの栄養素をたっぷり凝縮した肝臓系サプリメント。3年半もの年月をかけてサプリだけに実感力に長けています。

 

肝臓の数値が気になる人、これから肝臓のために何か予防・対策を始めたい人にもってこい。

 

 

海乳EX

国産のブランド牡蠣と称される広島県産の牡蠣を贅沢に使用し、1粒に濃い牡蠣エキスを注入したサプリメント。

 

脂肪肝が気になる中高年におすすめの亜鉛・タウリン・グリコーゲンなどの栄養素が含まれています。

 

 

 

脂肪肝の症状は?

 

脂肪肝はその実態に反し、患者に異様なまでに軽視されている病気です。

 

脂肪肝は肝臓に脂肪がびっしりと蓄積し機能低下を起こしたり、肝硬変や肝臓がんといった致命的な病気に進行する可能性も高い、「このまま行くと肝臓の病気で死んでしまう」と考えても大差はないような状態です。

 

これほどまでに軽視されている理由はただひとつ、「自覚症状がほとんど無い」ためです。自覚症状に乏しいために脂肪肝は放置され、悪化の一途をたどり肝硬変などになってから騒ぎ出すこととなるわけですが、本当に脂肪肝自体に症状は無いのでしょうか?

 

初期の脂肪肝は本当に全くと言っていいほど自覚症状がありませんが、進行してくるとその程度に応じて緩やかな自覚症状が発生してきます。

 

進行した脂肪肝の自覚症状としては、疲労感やだるさ、膨満感や食欲不振、まれに肝臓の位置から痛みを感じることもあります。さらに脂肪肝がひどくなると黄疸が出ることもあり、さすがにこの段階になると心配になって診断を受け、かなり進行した脂肪肝が発見されるということがよくあります。

 

また脂肪肝とは脂肪によって肝機能が低下している状態です。肝臓がフル活動することと言えばアルコールの分解です。

 

お酒を飲むと肝臓はアルコールを分解し、その時発生した有害物質であるアセトアルデヒドをも無害化処理することになります。そのため負担が集中するこれらの作業も脂肪肝が酷ければ滞ることとなります。

 

最近急にお酒に弱くなったとぼやいている方、それは本当に歳のせいでしょうか?もしかしたら肝臓に重大な疾患を抱えているかもしれません。

 

脂肪肝を放置すると…?

 

脂肪肝は中性脂肪が肝臓に蓄積することで、肝機能の低下をもたらす病気です。その原因としては過度の飲酒が多いようですが、食べ過ぎなどが原因となって発症する場合もあります。そして、危険なのはこの病気を放置した場合です。

 

脂肪肝には明確な自覚症状がないために気付かない場合もあるようですが、そのことが重篤な病気を引き起こすことも多々あります。脂肪肝を放置した場合、以下の症状や病気を引き起こす可能性があります。

 

脂肪性肝炎

 

脂肪肝を放置し、進行させてしまうと肝臓に炎症が起こります。これが脂肪性肝炎です。しかし脂肪肝と同様、この病気には自覚症状がありません。よって、さらに放置してしまうケースも多々あります。

 

肝硬変

 

脂肪性肝炎を放置することで、肝硬変を発症するリスクが高くなります。肝硬変は肝臓が硬化していく病気のことで、肝機能の低下や腹水、むくみなどの症状が表れます。また、体重の減少や食欲減退、疲労感などの症状も肝硬変が原因となって生じるので注意が必要です。こうした症状が表れたら、早めに医療機関で受診すべきでしょう。

 

肝臓がん

 

肝硬変を発症すると、肝細胞の多くが線維化してしまい、元の状態に戻らなくなります。そのため、発病する危険性が高まるのが肝臓がんです。

 

他のがんと同様、肝臓がんになると治療は難しいのが現状です。肝臓がんには4つのステージがありますが、5年後の生存率は、ステージ1では49%、ステージ2で37%、ステージ3になると16%、そしてステージ4では6.5%です。

 

さらに、肝臓の病気は総じて自覚症状が少ないので、発見された時点でがんがかなり進行しているという場合も多いので注意しましょう。

 

脂肪肝の改善にサプリメントがおすすめ

 

脂肪肝は一度なってしまうと、直接きれいに改善するような魔法の薬はありません。サプリメントにしてもそれは同じことですが、肝臓に直接効くわけでないにせよ脂肪の燃焼を促進したり、代謝を促したりすることで間接的に脂肪肝改善に効くサプリメントはいくらか存在します。

 

あまり過信せずに、あくまで自分の努力を補佐するものだと理解した上でこれらのサプリメントを利用するのも悪くはないでしょう。

 

脂肪肝用医薬品に関してもそうですが、脂肪肝を治すために脂を燃やす働きを補佐するものと、肝臓に負担をかけないように肝機能を肩代わりしたり補佐したりするものに二分されます。

 

肝脂肪を直接治すためのサプリメントは当然前者のもので、一般的なダイエットサプリメントなどと同じく、カプサイシンや緑茶カテキン、カフェインなどが含まれているものです。これらは脂肪燃焼効率を底上げしますが、注意が必要なのは、きちんと努力してある程度以上の有酸素運動を行わないとほぼ意味がないということです。

 

日常生活中の代謝量も多少は底上げするかもしれませんが微々たるものです。少なくとも30分程度のウォーキングやジョギングを行わなければ効果はないものと思うべきです。

 

後者の肝臓の負担を抑えるサプリメントとしては、タウリンや亜鉛、サポニンなどが代表的です。肝機能改善と言えばタウリンで、サプリメントとしても多く販売されていますね。タウリンには壊れた肝細胞を修復する働きがあるので脂肪肝を労るにはピッタリです。

 

脂肪肝の予防・改善に良いサプリはどんな成分?

 

放置することで重い病気へと至る可能性のある脂肪肝ですが、予防や改善をすることはできます。そのためには、日々の食事やサプリメントなどで適切な栄養素を摂取し、肝臓の負担を軽減することが重要です。

 

では、脂肪肝に有効な成分としてはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。脂肪肝の予防・改善につながる成分として、次のものがあります。

 

オルニチン

 

オルニチンは肝臓にとって大切な役割を果たす成分です。このオルニチンを摂取することで、肝臓の「オルニチンサイクル」という働きが活発となり、肝臓疲労をもたらすアンモニアが解毒されます。この働きによってアルコールや脂肪の分解による肝臓の疲労が回復するほか、代謝機能も向上するため、肝臓にある中性脂肪の減少にもつながります。

 

DHA&EPA

 

脂肪肝になる原因は過度の飲酒だけではありません。肥満も脂肪肝を引き起こす原因のひとつです。そこで重要となるのがDHA、EPAの補給です。これらの成分には中性脂肪、悪玉コレステロールを減少させる効果があり、脂肪肝となるリスクを軽減できます。

 

タウリン

 

タウリンにも肝臓の負担を軽減させる多くの働きがあります。タウリンには肝細胞の再生を促進する働きがあるだけでなく、コレステロール改善、アルコールの分解のサポートといった働きもあり、負担のかかりがちな肝臓を手助けしてくれる成分です。また、中性脂肪の排出を促してくれる働きもあり、脂肪肝に効果的です。

 

ビタミン、ミネラル

 

人間が生きていくうえで欠かせない栄養素がビタミン・ミネラルですが、これらは肝臓にとっても重要な存在です。

 

肝臓がその役割を果たすためには多くの酵素の力が必要となります。この酵素の働きを活発にするのがビタミンやミネラルですから、肝機能が正常に働くために欠かせない成分なのです。

 

脂肪肝になりやすい食事、生活習慣に注意

 

脂肪肝はこれといった自覚症状がないために、気付かないまま放置してしまう可能性の高い病気です。そのため、日々の生活に気を遣い、脂肪肝にならないよう未然に防ぐことが大切になります。

 

そこで、脂肪肝を招きやすい食事や生活習慣を知っておきましょう。脂肪肝を招く可能性が高いのは、以下のような生活習慣のある方です。

 

過度なアルコールの摂取

 

脂肪肝を招く可能性が高くなるのは、過度な量の飲酒を習慣としている方の場合です。体内のアルコールは肝臓によって分解、解毒されます。しかし、アルコールの分解は肝臓にかなりの負担をかけるため、処理しきれない量の飲酒を行えば肝機能は衰えていくのです。

 

この状態になると脂肪は分解されずに蓄積されていきます。これが脂肪肝となる原因のひとつであり、このような症状を「アルコール性脂肪肝」と呼びます。

 

よって、多量の飲酒を行う習慣のある方は飲む量を減らすことが大切です。お酒好きの方にはつらいことかもしれませんが、脂肪肝は肝硬変や肝臓がんを引き起こすこともある病気ですから、しっかりと予防することが重要となります。

 

食べ過ぎも脂肪肝の原因

 

食べ過ぎによるカロリー過多も脂肪肝になる原因です。消費しきれないほどのエネルギーを摂取すると、中性脂肪として肝臓に蓄積されます。そのため、カロリーの高い食事を続けていれば肝臓に中性脂肪がどんどん蓄積していき、やがて脂肪肝となるでしょう。

 

こうした食べ過ぎが原因となって発症する脂肪肝を「非アルコール性脂肪肝」と呼びますが、近年増加しているのはこのタイプです。ただでさえ、現代では外食やファーストフードなど高カロリーな食事となりがちですから、バランスの良い食生活を送るように意識して生活する必要があります。

 

おすすめは中性脂肪減らすDHA・EPA含有「きなり」

きなり公式ホームページ